Googleカレンダー 画面の見方

2016年9月27日 | Googleカレンダーの使い方

Googleカレンダーの画面の見方

オンラインカレンダーとして高機能かつ使いやすさを備えたGoogleカレンダー。
使いこなせると様々なスケジュールを管理したり、HPに埋め込んでお店の予定を表示さたりと大活躍してくれます。
このページでは初心者用に、まずはGoogleカレンダー画面のおおまかな見方をご紹介します。

カレンダーエリアとカレンダー種類エリア

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc-%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%81%ae%e8%a6%8b%e6%96%b9

こちらがGoogleカレンダーの画面になりますが、おおまかに分けて、「カレンダーの種類」と「カレンダーの内容」を表示するエリアに分かれます。

赤枠の種類エリアで、表示するカレンダーを選択し、青色のエリアにその内容が重ねて表示される仕組みです。

カレンダーは重ねて表示されます

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc%e3%81%af%e9%87%8d%e3%81%ad%e3%81%a6%e8%a1%a8%e7%a4%ba

Googleカレンダーは、一枚のカレンダーに内容をどんどん書き込んでいく、といった紙のカレンダーと違って、スケジュールの内容ごとにカレンダーを作り、表示したいスケジュールだけ重ねて表示することができます。

サンプルでは「テストカレンダー」という任意で作ったものと、「日本の休日」を記載したカレンダーを重ね合わせて表示しています。

日、週、月などで表示可能

カレンダー上部に日、週、月などのボタンがありますが、これをクリックすると、選んだ単位のカレンダーに切り替えることができます。

予定リストは予定のある日をピックアップし、リスト形式で表示してくれます。

まずはこのぐらい見方を覚えれば使っていけると思いますよ。

人気記事ベスト5

まだデータがありません。

こんなサービスやってます